銀行は他社でのキャッシング金額を知っている

キャッシングの不安と疑問を解決

>
銀行はキャッシング金額を知っているので注意をしよう

銀行はキャッシング金額を知っているので注意をしよう

銀行ではキャッシングやカードローンを利用してお金を借りることが出来ます。
低金利として非常に人気が高いですが、これらの商品に申し込みをする時に
他社ですでにキャッシングを利用している場合、それは銀行はキャッシング金額を
知っているので注意をしなければなりません。

このキャッシングというのは1社で大きな金額を借りることが難しく、
複数の会社で限度額を持つことで、総額としては大きなお金を借りやすいというテクニックがあります。

必ず信用情報の照会をするので借入があれば必ずばれる

そのため、キャッシングから大きなお金を借りるために数社の一つとして
銀行に申し込みをすることがありますが、その時は銀行はすでに申込者の
キャッシング金額を知っているので、申込時に借金の申告をする時は
ウソの情報を記載することは避けなければなりません。
キャッシング審査では年収や信用情報はとても重要な事項とされていますが、
申込者の借金の有無や金額も大切な項目です。

借入がある場合は隠さず申告しないと信用が低下する可能性がある

もちろんですが、申し込みをする時に借金を持っていると不利になります。
そのため、借金を持っていることを銀行にばれたくないためにウソの申告を
しようと考えてしまうものですが、仮にウソの申告をしても
銀行はキャッシング金額を知っているので必ずばれます。

ウソの申告によって銀行の対する信用は低下することになりますし、
正直に借金の有無や金額を申告するようにしましょう。
これは銀行キャッシングの申し込みにおいてとても大切なことなので、
覚えておくと良いです。

COPYRIGHT© 2013 キャッシングの不安と疑問を解決 ALL RIGHTS RESERVED.